Blog

2015.06.26 / オーナーの感謝状

美容師への道2「スィートな心」

皆さん、こんにちは〜

米子市CUTCLUBのオーナー竹中信行でございます<(_ _)>

 

まろやかテイストだった竹中の心が

プロの養成所でポキッと折れそうになった・・・

 

そんな「恥ずかしいエピソード」を

お伝えしてみようかと思っています(・o・)

 

IMG_0572

 

東京の「Y」美容専門学校に入学し

まもなくGWを迎えようとしていました(^^)

 

学校にも慣れはじめ

「GWは大学時代の友人を訪ねてみようかなぁ」

などと・・・ウキウキ気分満載\(^_^)/

 

が・・・

いつまでも浮かれ気分でいられるほど

プロ養成所という環境は甘くないのです(>_<)

 

ちょうどその頃は

ワインディングと呼ばれる技術習得の時期・・。

 

説明するとですね・・・

ロットと呼ばれる丸い円柱型の道具に

髪の毛を巻いていく技術で・・

パーマをかけるときに必要な技術なのです(^_^)b

 

生まれてはじめて・・・

このワインディング技術を学んだその日・・。

 

授業終了のチャイムが鳴り終わったとき

私が巻き終えた本数は・・?

 

ナント・・・

たったの2本だったのです(+_+)

 

コレが多いか少ないか・・・

そんなことを考える余裕すらなかったのです(>_<)

 

 

「それでは道具を片付けなさい」

という先生の声にハッとする・・・と

 

 

 

ゲッ!

IMG_0568

 

クラスメートの殆どが

30本くらいは巻き終わっていまして・・。(汗)

 

そんな状況を・・・

超がつくほど「おめでたい性格」の持ち主は

 

美容専門学校に来る子の殆どが

パーマ屋さんの子供・・・

そう思い込んでいたので・・。

 

「皆、家がパーマ屋さんなんだろうなぁ」

「親に教えてもらっていたんだろうなぁ」

「いいなぁ〜」

 

IMG_0570

 

と、己に言い聞かせようとしたものの・・・

多少の不安要素をかき消したく

隣近所にクエスチョンの雨を降らせたりして(^^;)

 

「上手だね〜」

「お家はパーマ屋さんでしょ?」

「今までお母さんに教えてもらっていたの?」

 

すると・・・

 

恐れていた予感が当たってしまったのです(゜_゜;)

 

「違うよ!」

「竹さん、生まれてはじめてだよ〜」

(‥;) (-_-;) (T_T)(T_T)(T_T)

 

聞かなきゃよかった・・。

 

知らないなら知らないほうが

幸福なことも世の中にはある・・・

 

「やっぱり美容師には向いてなかったなぁ・・・」

と、悟った瞬間でした(−_−;)

 

IMG_0571

続きは・・・

「激バトル in 職員室」でお話しします<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.06.23 / オーナーの感謝状

美容師への道

皆さん、こんにちは〜

米子市CUTCLUBのオーナー竹中信行でございます<(_ _)>

 

誤解を生むのかもしれませんけど・・・

私は美容のことが大好きで

美容師になったわけではないのです・・。

 

 

IMG_0111

 

 

 

高校を卒業するとき

「美容師に向いている」と

母は私に言ってくれました(^^)

 

当時・・・

男性美容師という存在が

世の中にあまりなく・・

 

しかも今のように情報が

簡単に手に入る時代でもありません(-_-;)

 

ただ・・・

昔から「商い」には

とても興味がありましたので

専門的に学びたく大学へ行くことに・・。

 

時が過ぎ・・・

大学の就活時期がやってきました(´。`)

「商い」に対する興味は

ドンドン深まるばかり・・

 

けれど・・・

将来の「商い」に通ずる道が

どの仕事に就けば繋がっているのか?

まったくわかりませんでした(>_<)

 

そんな時・・・

一人の友人が呟きました・・。

「竹中ってさぁ・・・」

「美容師に向いているよね!」と(・o・)

 

これって・・・

どういうことなのでしょうか?

 

時代も世代も環境も異なる二人・・・

共通しているのは

私をよく観察している人物・・。

 

昔から・・・

実験が大好きな性格だったので

「美容師に向いている」

の声に賭けてみることにしたのでした(^_-)

 

IMG_0073

続きは・・・

「美容学校の洗礼」でお話しします(^_^)b

 

ページの先頭に戻る