Blog

2014.07.07 / CUTCLUBブログ

観察

皆さん、こんにちは〜

米子市CUTCLUBのオーナー竹中信行でございます<(_ _)>

 

前回のブログで

「2000年蓮」をご紹介しました(^^)

 

1つの花を観るとき・・・

皆さんはどのような構図を好まれますか?

 

 

「ここは何処?」

と、聞きたくなるような構図・・・

 

 

物の見方0037

 

 

 

 

存在感たっぷりの構図・・・

 

物の見方0036

 

 

 

 

そして印象的だった一輪・・・

 

物の見方0035

 

子供の頃・・・

夏休みになるとお花を観察していた気がします(^_^)b

 

写真を撮る趣味を持つ者として・・・

どのように観察するかは気になるところでして・・。

 

ただ・・・

 

 

「自分が写真に写ることは滅多にない」 ^^;

 

 

ですので・・・竹中の場合

 

自分を客観的に観察できる写真は宝物ですね(^0_0^)

 

 

 

2014年6月30日2000年はす

 

3 件のコメント

  • 後藤 より:

    蓮の花は昼明るいところで見ると華やかな感じですが、暗いところで見ると幻想的ですね(*^_^*)
    一つで二度楽しめるとはこのこと!
    二面性があるものには惹かれますね(^0_0^)

  • 竹中 より:

    ゴッチャンへ
    花の魅力は「華やかさ」!
    それと忘れてはいけないのが反対側の深い「情緒感」かなぁ・・・
    僕たちの仕事も似ているような気がしますよね(^_^)b
    昔「髪結い」時代の美容師さん達の修業には「花に学ぶ」ことを定期的にされていたそうですよ(^0_0^)

  • 匿名 より:

    写真を撮る余裕がほしいなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭に戻る