訪問福祉美容

生きるほどに美しく

清潔感を保ちたい…
身なりを整えておきたい…
幾つになっても女性であり続けたい…

ある母の日の会話でした…
「何か食べたいものはある?」
母の答えにハッとしました…
「美味しいものもプレゼントもいらない、どこか綺麗な景色を見に連れて出て欲しい」

自分の足で自由に出かけることが出来ない日々…
そんな母の一番の楽しみさえ気づけなかった日々…

「もっと会話をしたい…」
「でも…皆忙しいから」
私たちでもよろしいですか?お話しながら美しくなりませんか?

「生きるほどに美しく」をテーマに、在宅・施設などへの訪問福祉美容を立ち上げました。

客観的に見て、欧米の高齢者の方々は、『何故』素敵で可愛いんでしょう?『何故』日本人とは違うんでしょうか?
私たちCUTCLUBはその『何故』にこだわり続け、研究とトレーニングを積み重ねてまいりました。
そしてこの度、その『何故』にお応えすべく「Cosmetologist」(美容術師)を誕生させることができました。
「ヘアー・メイク・ネイル」など、おもにこの3つの美容術を中心に、
「ハイクォリティー」な「ケア」を「おもてなしの心」で提供させていただきます。

人生の先輩方へ恩返しをしたい…
私たちの純粋な思いが皆様に届きますように!



訪問福祉美容への道…

現在、日本でも数多くの訪問美容が行われています。ついこの間まで行きつけのサロンに出かけていたのに…。何らかの理由でサロンに来店することが困難な方々をカットしている…。そう、ただカットしているだけなのです。女性にとって「素敵」とは、贅沢ではなく「本能」なのです。

私自身、重度の障害児であった姪(高校生のときに他界しました)を、美容師である姉が十数年シャンプーとカットをしていたのを見ていましたが、とても大変であるし、かなりの肉体労働であると知りました。そうなると髪も短いほうが楽だろうと思いました。

問題はここのところです。本人も楽なのかもしれませんが、それ以上に介護する側が楽なのではないだろうかと。毎日来る日も来る日も肉体に負担がきても、休日はありません。

そこで私は考えました…介護と美容のコラボレーションを。つまり介護のプロと美容のプロが、手を取り合って取り組むべきではないかと。何故なら介護を受ける側の気持ちは、それぞれ現場のプロが一番良く知っているからであります。

実際に、こんなことがありました…姪の頭をシャンプーしてる時、姉が話しかけてました。
「○○ちゃんはここが痒いんだよね!」…重度の姪は言葉が話せません。でも痒いだろうと想定した位置で、姉が手を動かすと、「う〜、あ〜」と気持ち良さそうにこたえていました。

はじめは母という愛が痒い場所を…言葉を越えて受信できるのだろうと思っていました。
しかしその答えは、私自身が美容師として20年以上続けてみて見つかりました。

確かに母の愛には勝てません。しかしそれ以上に大切なことは、プロとしての確かな知識と技術です!この間までサロンに出かけていたのに…。気がつけば、隣のおじいさんと同じようなヘアースタイルに…(悲しいですけれど、よく耳にするお話です)これでは心が引きこもってしまいます…

「たかがカットされどカット」

シャンプーでさえ何処が痒いかの希望はあるはずです。それがカットとなるとなおさらです。

「美容は一番身近な文化」です…特に女性は幾つになっても女性です!!自分自身が美しく変わりゆくことに…。心をときめかせない女性はいないでしょう。それどころか、美しくなることで心がときめき。あらゆる面で前向きになる可能性が高いと思います。

まさに今! これからの時代に必要とされるのは、こうした「美のケア」だと思います!!女性が美しくなりたい気持ちは「本能」です!!問題はそれを実現できる環境が整っていないことと、専門のプロが少ないことです!!
皆様のお手伝いをさせていただければ幸いです。

ネイルケア

指先のお手入れはメンタルな要素(精神的健康法)だけでなく、皮膚や肌の状態をチェックするヘルスケア(健康管理)の要素も含んでおり、大切な役割を担っています。
爪は生きているかぎり伸び続けます。ご高齢になると爪は肥大し巻き爪になったり、また爪を切るという動作もできなくなり、歩行困難になったりと様々なトラブルが起こってきます。
私達は多くの方にネイルケアの必要性、有効性をアピールして普及を図ることも大切な役割と考えます。
プロのネイリストによる正しい知識で真心を持ってケアアドバイスを致します。

ハンドケア&フットケア
(爪の形成・艶出し・甘皮ケア・角質取り)

ハンドケア・フットケア共に「介護予防効果」が期待できます。
定期的に行うことで指の筋肉を和らげ、握力をつけ、爪の形を整えることで痛みを和らげ、歩きやすくなります。

巻き爪矯正

今までの巻き爪矯正は特殊な小さい板のようなものを爪に装着し爪の両サイドを持ち上げる技法で、痛みは1週間くらいで軽減するという仕方でした。
新しい巻き爪矯正の場合は独自の方法で巻き爪を上にあげることができる為、痛みはなく、爪表面もツルンとしているのでペディキュアを塗っても大丈夫です。
今まで病院では 何もしてもらえないか手術や、爪に針金を通すなどの方法しかありませんでしたが、この施術方法ですと全く痛くなかったとお客さまからの声をいただいております。

※白癬菌(感染症)の方は巻き爪矯正をすると爪が割れる可能性がありますのでお受けできない場合もございます。

ご利用までの流れ

1. まずはご気軽にお電話ください
○まずはお電話にてご予約下さい。ご希望の日時、メニュー、ご住所をお聞きします。
○ご予約はスケジュール調整もありますので空いている日時をご確認下さい。
○初めてご利用される方はご自宅、または施設の環境を確認したいので施術前にお伺いいたします。
2. 施術スペースを確保しセッティングします
○ご家族、又は施設の職員の方と相談し、施術スペースを決めます。
○シートをひき、鏡、イスをセッティングします。
3. カウンセリング
○ご利用者様のご要望、日常生活習慣などをお伺いしながら、一人一人にあったスタイルをご提案させていただきます。
4. 施術いたします
○ご利用者様の負担にならないように短時間で終わるように心がけています。
5. 後片付け
○掃除機をかけ、切った髪も持ち帰り処分します。
6. お会計
○お会計をさせていただき領収書を発行します。

カットクラブからのお願い

衛生管理のため 感染症のある方はご報告をお願いいたします。
ご自宅、施設内にある椅子、お湯をお借りいたします。
当日の体調不良によるキャンセルは遠慮なく言って下さい。
初めて訪問福祉美容をご利用いただく場合は施術場所の確認の為、施術日前に施設、またはご自宅へ訪問させて頂きますのでご了承くださいませ。
ドライヤー又は電化美容器具を使用する場合にコンセントをお借りいたします。

ページの先頭に戻る