Blog

2017.07.16 / CUTCLUBブログ

扇風機の風に抱かれて

皆さん、こんにちは!

米子市CUTCLUBの竹中ですm(_ _)m

 

湿度が高いです・・・

身体も重いです・・・

 

皆さんは夜眠るとき・・・

どのような工夫をされていますか・・?

 

takenakaは・・・

先日、場所を取らないスマートな扇風機を買っていただきました♪

 

 

shopping-1

さっそく使ってみたところ・・・

「どうも気になる」のです(>_<)

 

扇風機の風に抱かれて眠るとき

takenakaにはトラウマがありまして・・・

 

「あれは暑い夏の晩やった〜♪」

東京にある山野美容専門学校に通っていた時のこと・・。

 

貧乏学生の竹中には

エアコンなどあるはずもなく・・・

 

しかも網戸の無い窓でしたので

扇風機を回しっぱなしで眠っていたのです・・。

 

 

当時、長くしていた髪の毛が扇風機の風にあおられて

ユラユラと・・・時にはフサフサと顔にかかるのです(^^;)

 

あの夜もそうでした・・・

 

扇風機にあおられた髪の毛が顔にかかり

くすぐったいような・・・痒いような・・・

 

まるで夢の中に居るような感覚でしたが

無意識に手で払いのけたのでした・・。

 

 

「ポトリ」・・・

 

音にまで進化しきれない『感触』が

妙にリアルな感覚で枕に伝わりました(O_O) (O_O) (O_O)

 

すると・・・

何者かがカサカサと枕の上を逃げていったのです・・。

 

ま・さ・か (゜o゜;

 

 

 

roach_a03

 

ギョッ・・・エェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

事もあろうにtakenakaの顔の上で

運動会をしていたとは(>o<) → (; ;)ホロホロ → (T-T)(T-T)(T-T)

 

暗闇に逃げていく黒いアスリートは・・・

 

泣きながら顔を洗っているtakenakaを振り返り

 

Unknown-1

ニヤリと笑ったように見えたのでした(-o-;)(=_=;)(-。-;)

 

それ以来・・・

 

扇風機の風に抱かれて眠るとトラウマが蘇るのです( ̄。 ̄;)

 

「顔に髪の毛が・・・フサフサと」

なる度に黒いアスリートが夢に出てくるのです(辛)

 

 

images

 

悲しいことに・・・

何時であっても反射的に起きてしまうのです(;´Д`)

 

アァ〜〜〜!

せっかく扇風機を買ってもらったのに・・・

 

 

s-2009051407455735153

誰かtakenakaをトラウマから救ってください。゜(゜´Д`゜)゜。

 

 

 

 

 

2017.07.12 / CUTCLUBブログ

ミシュランガイド「三つ星の味」

皆さん、こんにちは!

米子市CUTCLUBの竹中です(^o^)

 

先日の京都セミナーは

夏の京都にふさわしく熱い内容となり

takenakaにとって本当に良い勉強になりました♪

 

が・・・

内容を整理する時間が無い(泣)

 

誰か

takenakaの仕事を「3分の1」減らして欲しい・・・

そう思うこの頃です(-_-)

 

 

熱いセミナーから一夜明けると・・・

『竹中さん、一緒に朝ご飯を食べに行きませんか?』

というお誘いを受け・・。

 

「京都の朝ご飯・・?」

(。)ホヨ? 何処だろう・・?

 

などと考えているうちに・・・車は南禅寺へ到着(^^)

 

『竹中さん、ここはミシュランガイド三つ星のお店ですよ』

 

京都-24

オォ〜〜〜!

ここが噂の『瓢亭』様ですか〜〜〜〜〜!

 

ドラマ「水戸黄門」に登場する『茶屋』のような佇まいにウットリ(*^_^*)

案内され中庭を通ると・・・

 

京都-26

400年の物語を岩ごけが教えてくれ・・・

京都-28

 

言葉に出来ないほどの趣に・・・

溜め息ばかり・・。

 

幾つもの「離れ」を通り過ぎ

ようやく私たちの目指す場所に辿り着く・・。

 

京都-27

 

「品が無い」と言われても仕方ありませぬ(>_<)

一生で一度くらいしかお邪魔できないtakenakaにとって・・・

「お上り」さん状態にならないほうがオカシイでしょ・・。

 

超が付くほどの田舎者を

どうかお許しくださいませ<(_ _)>

 

というわけで・・・

「カシャッ」

 

京都-25

 

もう1つオマケに・・・

「カシャッ」

 

京都-16

部屋の中から見える中庭でございますm(_ _)m

 

ひとり興奮しているところに・・・

 

『梅茶でございます』

京都-17

いよいよ・・・

朝がゆ懐石の始まりですね(ドキドキです)(>_<)

 

『瓢亭』様の名物は・・・

 

京都-19

「玉子」なのだそうです(^_^)b

 

馬鹿舌のtakenakaが感想を述べるなど・・・

とても失礼な話だと思っています(-_-;)

 

けど・・・知りたいですよね・・?

では馬鹿舌なりに・・・

 

「調味料の存在を感じさせない美味しさ」

と表現すれば伝わりますでしょうか・・?

 

「素材の味」が調味料で消されていないのです(^O^)

 

京都-20

上の写真は「お豆腐」です!

ホント・・・

お豆腐の旨みが馬鹿舌のtakenakaにもチャンとわかります♪

 

いやぁ〜〜〜流石「瓢亭」様でございますm(_ _)m

 

しかし・・・

人生は「楽あれば苦もある」というもの・・。

 

嫌な予感はしていました(-_-;)

季節柄「旬」のメインディッシュといえば・・・

 

takenakaの最も苦手な「骨付きの川魚」・・。

そうです!

 

 

『こちらの鮎は頭から尻尾まで、そのまま召し上がっていただけます』

 

「チ〜〜〜ン」 (T_T) (T_T) (T_T)

 

京都-21

 

頑張りました!

人生初の「鮎の塩焼き」を『瓢亭』様でいただけたことが・・・

takenakaにとって幸福の始まりなのかもしれませんね(^^;)

 

皆さん、いかがですか?

朝のお食事・・・

いったい「朝がゆ」はいつ登場するのでしょうか?

 

「もう・・・お腹いっぱいです」 (;゜ロ゜)

 

と、呟きかけた・・・その時

 

ジャジャ〜〜〜ン!

 

 

京都-22

タップリすぎる朝がゆの量・・・

トロミのある濃厚なお出汁をかけて召し上がる朝がゆ♪

付け合わせのお漬け物も・・・

「塩」が前に出ていないので素材の旨みがそのまま感じられます♪

 

人生に於いて

とても貴重な時間を創ってくださった『S様』・・・

田舎者のtakenakaは深く感謝しております。

 

本当に有り難うございました!

 

 

京都-23

瓢亭様で学ばせていただいたこと・・・

今後CUTCLUBにも活かせるよう精進致しますm(_ _)m

 

 

 

 

12345...
ページの先頭に戻る